2016年のプロ野球はカープの優勝で終わりました。
2017年の優勝はどこがするのでしょうか?

 

気になるところですよね。

 

そこで広島東洋カープの2016年プロ野球ドラフト1位

加藤拓也投手の年棒・契約金・成績を調べてみました。
気になる実力もチェック!

あわせて両親・彼女はいるかもチェックしてみました。

スポンサーリンク

加藤拓也投手のプロフィール

生年月日:1994年12月31日
身長:175cm
体重:90kg
ポジション:投手(右投右打)
投球・打席: 右投右打
出身地: 東京都中野区
学歴とチーム名:中野区立鷺宮小→中野区立第八中→
慶應義塾高→慶應義塾大学
プロ入り: 2016年 ドラフト1位

 

小学校4年で中野リトルに所属し杉並シニアにも
所属しています。

 

慶應義塾高では1年からベンチ入りをし3年で
エースを務めています。甲子園は行けませんでしたが
神奈川大会でベスト8になりました。

 

1年の時はキャッチャーで才能を見出されて
ピッチャーに転向したそうです。

プロへの一歩ですね。

 

高校も大学も慶応!
スポーツもでき頭もいいんですね。
ちなみに中学時代の成績はほぼオール5。
偏差値は70を超えたそうです。

 

すごっ!

 

プロでも頭を使ったピッチングが期待できそうです。
加藤投手のピッチングを見るのが楽しみです。

 

スポンサードリンク


加藤拓也投手の年棒・契約金

契約金1億円、出来高払い5千万円、
年俸1500万円ってさすがドラ1位ですね。

2位以下の2倍以上の金額です。
しかも出来高払いってさすが1位って
ところですね。

 

それだけ球団が即戦力として認め
期待してるってことですね。

 

加藤拓也投手の学生時代の戦績を見れば
それは納得ができると思います。

加藤拓也投手の学生時代の成績

先発、リリーフ共にこなせる力投型右腕と言われています。

最速153キロの直球(大学1年の秋に150をマーク)のほかに
落差のあるフォーク、スライダー、スプリット、ツーシーム
多彩な投球を持ち即戦力として期待大ですね。

 

オープン戦には間違いなく出場するでしょうね。
実力十分、活躍を見るのが楽しみです。

 

慶應義塾大学
1年春 リーグ戦デビュー。1年秋には球速150キロをマーク
2年春 4勝 東京六大学野球リーグ優勝
4年時(2016年秋)ノーヒットノーラン達成(対東大)
大学通算24勝12敗
最優秀防御率2回 リーグ通算309奪三振

 

間違いなく即戦力ローテーション入り
間違いない選手だと思います。

 

本人は黒田投手を目標にしてる
ようですが間違いなくいけますね。

加藤拓也投手の両親・彼女について

加藤投手の父は弘志さん(71)
野球経験はまったくなく野村克也氏の本を読み
野球の勉強をしリトルリーグで審判をしていたそうです。

 

母は裕子さん(58)は学生時代は
水泳一筋、中学時代には400、800で全国優勝も
達成しています。

 

高校2、3年時インターハイの個人メドレーで
全国制覇を果たしています。

 

もちろん五輪を目指していたそうですが
あと一歩で及ばなかったようです。

 

加藤拓也投手のの身体能力は母親譲りって
言えるでしょうね。

 

お姉さまもいらっしゃるようです。
絵里さん(26)は現在都内の中学で理科の
教員をしています。

 

いろいろなことを犠牲にされて加藤投手が卒業するのに
協力してくれたそうです。

 

彼女について調べてみましたがわかりませんでした。

 

まだこれからですね。
プロ野球選手で慶応ボーイって
憧れちゃいますよね。

 

間違いなく人気が出ると思います。

 

素敵な彼女ができることを祈っています。

まとめ

ここまで見てすごく期待のできる投手って
ことがわかりました。

 

1年目のシーズンから素晴らしい活躍をしてくれることを
期待します。

 

がんばれ!

スポンサーリンク