だんだん暖かくなり、

さわやかで気持ちの良い季節に

なってきました。


Sasin TipchaiによるPixabayからの画像
 

そこで、ちょっとドライブでも!

なんて考えている人も

いるのではないでしょうか。

 

せっかくドライブに行くのなら

きれいな車で出かけたいもの。

 

そこで、ピカピカにするための

正しい洗車の方法をご紹介します。

スポンサーリンク

洗車に適した天気

明日はドライブ、

天気も良いし洗車でもするか!

なんて思う人も多いでしょう。

 

でも、晴れの日は洗車には

向いていないって知っていますか?

 

特に夏の日差しが強い下での

洗車はできるだけ避けた方がいいのです。

 

車のボディーが直射日光を浴び熱くなり、

車にかけられた水がみるみる乾いて、

ボディに汚れた水跡が

残ってしまうからです。

春先でも気温が上がることがあります。

 

できるなら、

陽の光が穏やかな朝や夕方に

洗車をするのが良いでしょう。

 

まずは、タイヤから

まずは、

タイヤやホイールなどの

「足まわり」から始めます。

 

ボディーと足まわりとでは、

汚れの質が違います。

 

足まわりについた汚れは、

ブレーキから出る鉄の粉や

路面のアスファルトににじむ油などが

ついているため、

 

ブラシなどを使ってしっかりと

洗わないと取れません。

 

足回りを後回しにすると、

せっかくキレイになったボディーに

泥汚れが飛び散って台無しって

こともあり得ます。

 

基本は、

汚れやすいところから洗うことで、

足まわりの次はフロントや

バンパーまわりを洗うとのが順番です。

 

ボディーの水洗い

今の季節は、

黄砂や花粉が飛んでいますので、

ホースの先端をつまんだり

高圧洗浄機を使ったりして、

 

水の勢いでボディーの上に

乗っている黄砂、花粉、

ホコリを飛ばします。

 

この作業を最初に行わずに

タオルなどでボディーをこすると、

石英や長石と呼ばれるガラス質が

含まれた黄砂を一緒に、

 

こすりつけることとなり、

ボディーに細かい傷を

つけてしまいます。

 

まずは、

たっぷりの水で黄砂を洗いながすことが

大事です。

 

水を掛ける場合には、

ルーフなど高い位置から低い所へ

移るのが基本で、ドアの隙間にも

埃や汚れが溜まっているので、

そこにも水を掛けて流します。

 

ポイントは、

あまり擦らずしっかりと

水を流しながら汚れを

落としていく事です。

 

表面の砂や埃を一通り洗い流したら、

ボディーに付いている水分を

拭きあげます。

 

シャンプー洗い

車を使う際に使うシャンプーは、

バケツに先にシャンプーを定量入れ、

そのあとにホースの先端を

つまんでシャワーにして

水を注ぎます。

 

こうすることによって、

フワフワに泡が立ち、カーシャンプーを

ボディーにつけて洗いやすくなります。

 

逆に、水を張ったあとから

シャンプーを入れると、

泡立ちが少なく感じ、

さらに追加し濃くなる

こともあります。

 

これでは車に悪影響を

及ぼす可能性も出てきます。

 

このようにして作った泡と

シャンプー液をスポンジに

たっぷり含ませ、

優しいタッチで一定方向・直線的に

滑らせます。

 

そして最後は、

浮き上がった汚れが乾いたり、

こびりつく前にたっぷりの水で

洗い流して終了です。

 

油膜には

雨の日にギラギラとした油膜で

見にくい場合には、

黄色いパッケージのキイロビンなどの

油膜専用クリーナーが効果的です。

 

専用クリーナーを使えば、

カーシャンプーだけでは

落としきれない頑固な油膜も

きれいに落とすことができます。

 

あわせて、ワイパーの

掃除も行いましょう。

 

ワイパーのゴムに溜まった

純物や油膜を取ることで、

フロントガラスの美しさを

保つことができます。

 

一度クリーニングしておけば、

しばらくは固く絞ったウェスで

汚れをふき取る程度で十分です。

 

クリアな視界を確保するためには、

ウィンドウの内側も

きれいにしておきたいですね。

 

ウィンドウの内側も、

たとえ煙草を吸わなくても汚れます。

 

固く絞った濡れタオルで、

拭いた後、水分が乾く前に乾いた

タオルで拭くときれいになります。

 

上手くいかない人は、

市販のアルコールが入った

液体タイプのガラスクリーナーを

使ってください。

 

拭きスジが残らず

きれいに拭きあがります。

ウィンドウの内側をきれいにしておくと、

視界がクリアになるだけでなく、

雨の日にガラスの内側が

曇りにくくなる効果もあります。

 

最後に

ふき取りの際には、

とても細かい化学繊維で作られた

マイクロファイバークロスを

使ってください。

 

家庭用のタオルで拭くと

ボディーに傷がつきます。

 

洗車をする時間がない人は、

窓ガラスとタイヤまわりを

きれいにしましょう。

 

それだけで、

見栄えはグッと変わります。

 

きれいになった愛車と

楽しいドライブをお楽しみください。

 

スポンサーリンク